• 京都府

京都・烏丸御池「ELOVE(エラブ)」のすこやかグルメ!

フジッリ

 

さあ、京都に着いたし、何からいただこうかな、豪華で品のいい京懐石もいいし、

錦市場で食べ歩き、南禅寺辺りでしっぽりと湯豆腐を楽しむのも捨てがたい、

はたまたこの街特有の濃厚ラーメンを堪能しようか―

あふれんばかりの悩ましいグルメ選択肢に、新しいジャンルを加えてみませんか?

 

お野菜料理こそ、今回ご提案したいおススメですよ!

どこでいただけるかって?―

京都の烏丸御池界隈にある「ELOVE(エラブ)」というお店で。

阪急京都本線・烏丸駅16番出口から徒歩1分のところにあります。

河原町や錦市場からも近くて、買い物や散策のときにも気軽に立ち寄ることができますよ。

 

こちらの特徴は、楽しみ方に3通りもあること。

ひとまずは「憩う」と名づけられたダイニングレストランで、

その魅力を感じてみるのがいちばんですよ。

 

日々、季節や自然環境と向き合いながら農家さんが地道に育んだ産物は、

お魚だったらピチピチ跳ねているような鮮度の高さ。

そんな食材を街中でランチやディナーで堪能できるなんて、まさに理想的な展開です。

 

「野菜のフリット」をはじめ、「有機野菜のサラダ」や「ほうれん草のタリアテッレ」、

「野菜餃子」、「箱庭ガーデニングランチ」といったメニューがそろっています

。滋味と言うしかない深い味わいは、あたかも大地そのものを口にしているような壮大な体験。

太陽の味がする、なんて呟く人もいるかもしれません。

 

惣菜(テイクアウト)部門の「トトノウ」は、

トマトウォーターをジュレにした「透明なカプレーゼ」や「季節野菜のクロケット」、

「筑前煮のバロティーヌ」といった逸品ぞろい。

中でも、注目したいのは、「麻婆豆腐のミルフィーユ」です。

豆乳、焼き茄子、挽肉が重なる層は見た目にもハッとする出来栄え。

中華の定番をこんなふうにアレンジするなんて驚くばかりです。

 

帰りがけにフロア内にある野菜直売コーナーで、買い物をするのもいい―

「ELOVE(エラブ)」が伝えたいのは、お野菜を通じて、人を良くすること。

つまりは、食の原点に立ち返ろうというメッセージです。

京都巡りの際に、このエモーショナルなLOVEを感じ取ってみてください。

 

[店名] ELOVE(エラブ)

[住所] 〒604-8124 京都市中京区帯屋町585
[アクセス]
阪急京都本線「烏丸駅」16番出口より徒歩1分
京都市営地下鉄東西線・烏丸線「烏丸御池駅」5番出口より徒歩9分
[定休日]  不定休
[TEL] 075-212-7535
[ホームぺージ] https://www.elove-kyoto.com/

PAGE TOP